2010年の運動会のページェントは小人のお話でした。
角砂糖を運ぶよう頼まれた小人のエリー。猫やカブトムシやちょうちょに出会いながら不思議な世界を歩いていきます
運動会が終わったあと今年は「素材遊び」に変えて、小人の家と部屋を作る活動を約1週間続けました。箱と、思い思いの素材を持ってきてもらい、各自試行錯誤を続けて、自分のイメージで小人の部屋とお家を作りました。この保育の過程を在園の父母にお知らせするお手紙を掲載します。
小人の部屋の活動についての手紙小人の家_ へのリンク
今年2011年のページェントのテーマは海太郎と山太郎の自慢比べというお話で、9月最初にペープサートでお話を聞かせて子どもたちと音楽を聴いて、踊りを見せてあげると、3歳から年長まで全員踊り始めました。

2012年のページェント魔法をかけられたお城は魔法にかけられた人たちを自由にするお話です。お城の中にいた人達は「たまねぎ」「ポット」「時計」に変えられてしまいましたが元の人間に戻してもらいます。お話しも含めて楽しく参加出来たと思います。

2014年のページェントは不思議な木の穴」「
人間がイタズラ魔女に変身すると森の中に不思議な木の穴を見つけました。穴の中に入ってみると、こぼうずが出てきて、案内してくれました。魔女はくらげをおどろかしたり、ロボットの部品を取ったりしてイタズラをしました。というおはなしでした。

2015年のページェントは「船に乗って動物たちが」花火を見に行くというストーリーを壮大な音楽とともに楽しもうというしこうです。


一覧へ戻る