2010年の運動会でのこと (2011/9/8更新)

2010年の
 運動会を見てくださったお一人の方から、「お昼休みに、年長のマスゲームをやりたい子が、多数飛び入りでやったり、年長のリレーを子どもの要望のままもう一度走ったり、3歳児の親子競技の番外編で、普段やっている三歳児のお出かけサンバの踊りを、やると、年中、年長の子ども達がほぼ全員踊りの中に走って入ってきたことなど、「遊び心」あふれた運動会でした」、という感想をいただきました。子ども達がやらされているというより、その中で、楽しんでくれることは、こちらの願いでしたので、その思いが伝わった運動会でした。
 去年も運動会が終わったあと、子ども達は、ページェントで、今までやってきた役以外のものに挑戦しました。かぶと虫の役は一番の人気でしたが、それぞれ他の役も、思わぬ完成度で、各先生が驚きの歓声を上げていました。

一覧へ戻る