素材遊び-ペーパーの芯-

たくさんのペーパーの芯を立てて周りを取り囲んで、お家にしたり、お風呂を作ったり、大きな顔にしたり、楽器や望遠鏡にしたり、転がして、ならべっこをして遊んだ。

細長い芯とペーパーの芯を立てて並べて、ジェトコースターをつくったり、縦にして囲いをつくり、妖精の遊ぶ家をつくったり、横に並べて道をつくったりした。
バラバラに作っているものをつなげてみることにした。

みんなで話し合って、1つのものをつくることにした。芯をドングリにみたてて、ドングリの城とそれに続く道を作ることにした。
お城に宝を作ったりした。部屋にある椅子なども使ってみた。

芯を立てて遊ぶことが多かったので、横にしてつなげてみたらどうだろうと言って、どうしたらつながるかみんなで考えた。タオルやハンカチでつなぐという声も出たが、スズランテープを穴に通すのが良いということになって、どんどんつなげて長くしていった。
1人では、うまくいかないので、持ってる人と、通す人とが、協力して長くしていった。
ペーパーの芯を通した10本の長いものが出来て、何にするか聞くと、線路にすることになった。

昨日作った10本の線路をどうするか、みんなで話し合い、ドングリのお城に続く線路を、交差させたり、駅も作って、長くすることにした。
線路を長くつなげるためにガムテープを使ったり、遊具の穴に結びつけ、棚の取っ手に結びつけたりして、長くし、同時に高いところに止めて、くぐれるようにした。

一覧へ戻る