素材遊び-粘土・石けん-

粘土にふれる、粘土が柔らかいことを体験する。
まるめたりのばしたりして、型をとったり、わりばしや釘を差して形を楽しんだりした。

丸めて釘を挿したり、つぶして平らにして跡をつけるカップ類に詰める、クギや、へらで削る。
やわらかい粘土は、削るとどうなるか考えて、みんなでやってみる。
硬い粘土を削ってみる子もでてくる。
削ることに意識が向いてくる。

石鹸と粘土(黄青)を削り始める。
穴があくまでもくもくと掘り始めた。

道具や削り方を考えて、穴があくまでもくもくとほる。3歳児も含めて、飽きる子がいない。
石鹸を掘ることが楽しく、何個もやってみたいと、言って、道具を交換して工夫して掘っていた。
ばらばらにならないように、穴をあけるにはどうしたらよいか話しあった。
3個ぐらい石鹸を彫り上げた。
硬い粘土も、年長の子は掘ることに慣れてきた。

一覧へ戻る